Posted by at

2008年04月22日

◆こんなところにも・・・

こんにちはビジネスプロフェッショナルスクール事務局の中です。

「テーマ別強化コース」でマーケティング、営業、コーチングについて3つのテーマを
取り上げる予定ですが、5月17日(土)に開催が迫っている
「顧客視点で製品・サービスをデザインしよう『ペルソナマーケティング入門』」
について現在、いろいろと準備を進めています。

そのせいか「ペルソナ」という言葉が気になる今日この頃。雑誌やサイトでその文字を見るたびに
ついクリック。そんな中で気になったのがこの記事です。

ペルソナを使い自治体サイトを評価、1位は川崎市麻生区   (IT PRO)http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20080418/299480/

自治体サイトのユーザビリティ(使いやすさ)を評価しているのですが、
単純に評価指標や、ランキングなどは見たことがあっても、
それをペルソナを使って評価してみた、というのが面白いですよね。
“ペルソナは「独身サラリーマン」「子育て家族」「新婚カップル」「身障高齢者」の4つを設定、
それぞれのペルソナごとに特徴的なタスクシナリオ(子供が通う学校に関する諸手続を
知るなど)を作り、それに沿ってサイトをチェックした”のだそうです。

これぞ使う人の立場に立ったウェブサイト設計の例、ということになるでしょうか。
「ペルソナ」を使っていろいろな、面白い分析や設計ができそうです。
まだまだ他にもたくさんありそうなので、見つけたらまたご紹介します。

  


Posted by BPS事務局 at 18:16Comments(0)BPS事務局の活動

2008年04月18日

◆学び続けること

こんにちは。ビジネスプロフェッショナルスクール事務局の中です。

BPSは実際にビジネスをするにおいて、必要となる、さまざまな考え方やスキルを
提供しています。
でも、研修を受けたから、といって、いきなりビジネスパーソンとして成功するか・・・?
・・・この講座をきっかけに気づきを得て、飛躍的に成長をする方もいるでしょう。
・・・一段高いところに上がることで、ものの見方、考え方は変わるでしょう。
・・・現場で何かを考えるときに、もらったテキストをめくりながら、考えることで、以前とは
   違った答えや、分析ができるようになるでしょう。
でも、講座を受けたあとに、自分が変わることなく、ぼんやりしていたら、せっかく習ったことも
忘れてしまい・・・ということになってしまうかもしれません。

BPSでは「知的好奇心を持ち、常に学び続けること」も、次世代リーダーには必要だ、と
講師はいつも受講生に語っています。
情報を取り込んだり、学習を続けたり、という方法は人それぞれだと思いますが、
BPSの講師をはじめ、仕事ができる人たちは意識的にそういう時間をとっているな、と思います。
学ぶ習慣が、自然と身についている、そんな感じかもしれません。

BPSは天神にある有料自習室「天神シティライブラリー」と連携をしています。
東京では有料自習室も多いそうですが、福岡では初めての有料自習室です。
福岡銀行の近くにひっそりとあります。
大学の図書館の学習室みたいに落ち着いた雰囲気で、ゆったりしたソファもあり
居心地がいいです。

天神シティライブラリーと連携をしたい、と思ったのはオーナーの
佐藤さんの地域活性化と次世代リーダーへの想いに共感した、
ということもありますが、BPSで講座を受けたあとも、
継続して学習できる場を受講者の皆さんに提供できるといいな、と思ったからです。

習慣付ける、ということはまず環境を変えてみる、最初は違和感があってもそれを
続けてみる、ということが大事なんだと思います。
学ぶ習慣を付けたいけど、なかなかうまくいかない、という方は
自習室で”モードチェンジ”をしてみるのもいいかもしれませんね。
周りも勉強してると、「自分もやらなきゃ」という気になりますから。
気になった方はぜひ一度行ってみてください。ビジネス系雑誌もたくさんあるので
情報収集にも最適です。
(ちなみにBPS受講生は利用料割引特典がありますicon64

天神シティライブラリー = http://www.academic-invention.com/

  


Posted by BPS事務局 at 18:35Comments(0)BPS事務局の活動

2008年04月15日

◆「受講者の声」、公開しました!

こんにちは。BPS事務局の中です。

リーダー養成コース、第3期の基礎コースの「受講者の声」を公開しています。

http://www.seminar-info.net/interview.html

弊社はビジネススクール以外にも、実は映像制作なども行っています。
先日のブログで掲載した「受講者の声収録」でもお話しましたが、
弊社のには映像制作のプロがいまして、今回も、彼が撮影した映像を一人ひとり編集しております。
映像編集の時は、いつも私の目の前の席で、ずーっと集中して作っていますicon57
(ちなみに先日の樋渡市長の講演の様子や、BPSの第3期基礎コースの統計学の様子も動画として
見ることができますよ!ご興味のある方はこちらをご覧ください)BPSの雰囲気を伝えるのに、動画は頼りになるツールです。

さて、インタビューを改めて見てみると、「こうしてお話をしてくださって、ありがたいなぁ」と
ご協力いただいた受講者の皆さんに感謝の気持ちでいっぱいになりますicon12
BPSは受講者の皆さんひとりひとりに支えられているわけです。
九州の活性化のため、若手の育成のためにも皆さんにBPSで学びの場をもっと、もっと提供していきたいです。

さて、ということでBPSは現在新講座の受講者を募集中です!!

5月17日(土) 13:00-18:00 マーケティング
顧客視点で製品・サービスをデザインしよう!「ペルソナマーケティング入門」
6月28日(土) 13:00-18:00 営業
確実に業績向上につながる「科学的営業の考え方・活かし方」
8月30日(土) 13:00-18:00 コーチング(部下とのコミュニケーション)
継続的に成果を挙げる「ハイ・パフォーマーの育て方・磨き方」
■場 所 ibbfukuokaビル6階会議室(福岡市中央区天神2-3-36)

ご不明な点がありましたら、ぜひ事務局にお尋ねください。

  


Posted by BPS事務局 at 17:34Comments(0)BPS事務局の活動

2008年04月09日

◆お客様の顔が見える!しくみ

こんにちは。ビジネスプロフェッショナルスクール事務局の中です。

4月に入り、新入社員が入社して、社内も活気が出てきていることでしょう。
BPSの受講生の中でも、人事・教育の担当をされている方たちがいらっしゃるのですが、
それぞれお忙しい毎日を送っていらっしゃるんでしょうね。皆さん頑張ってください!

さて、今日はテーマ別強化コースの
「顧客志向で製品・サービスをデザインしよう!『ペルソナマーケティング入門』」についてお話をしたいと思います。

「マーケティングって大事だとは思うけど難しそう」
「そもそも”ペルソナマーケティング”ってなに」

タイトルを見てそんなことを考えた方もいらっしゃるかもしれません。

マーケティング=モノが売れる仕組みづくり。
「企業が何を売りたいのか」という発想よりも「お客様は何を買いたいのか」というところに
焦点を当てて商品つくりをしましょうよ、という考え方です。
商品を出すときに、お客様の困っていることは何か、
そしてそれに対してどんな価値を提供するのかを考えていくと、自然とマーケティング発想になってきます。
こういう考え方ができると、商品が売れる確率もあがってきますicon14

企業は商品を売るために、他社と差別化をしよう、それがお客様にわかりやすく伝わるようにしようと
商品の仕様やパッケージや宣伝のキャッチコピーなんかを考えたりするわけです。
商品の特性が伝わるとさらに売れる確率があがってきますicon14icon14

でも・・・最近「モノが売れない」「お客様の顔が見えない」
ということもよく言われているのも事実です。読者の皆さんの中には上司に毎日のように
「お客様目線で考えろ」と言われてる方もいるかもしれませんね。
確かに、お客様目線で・・・と思って「30代の既婚の女性をターゲットに」と考えてみても
30代女性の価値観も収入も、ライフスタイルも様々なので商品の特性や
メッセージが対象に伝わりにくいのかもしれません。

じゃあどうするか・・・というところで出てきたのが「ペルソナ」という考え方。
顧客データなどを分析し、代表的な顧客像を作り出し、その人の嗜好やライフスタイルを
思い描きながら、なぜこの商品を買いたくなるのか、どういうときに買いたくなるのか・・・などを
細かく考えていくことです。生活パターン、好きなもの、写真など、具体的であればあるほど
イメージがしやすくなり、その効果は高まります。
「お客様の顔が見えない」なら「見えるようにしてみよう」というところでしょうか。

また、この像を商品開発、デザイン、生産、販売、販促・・・などなどそれぞれの担当が
一緒に考えることで顧客像を共有しつつ、常にそれを意識しながら、企画や開発ができる、
というメリットがあります。

最近はマーケティングのために、というよりもイメージの共有という側面を活かそうと、
採用や、人事などの部署でも「ペルソナ」を実践している、という話も聞きます。

マーケティングは私自身も興味があって、BPSの中でも実はいつも楽しみにしている科目です。
「ペルソナ」の話を知った時は、「この考え方おもしろい!!」
と思って、事務局でもついそれぞれの担当を集めてBPS受講者のペルソナを
作ってしまったくらいです。

今回のテーマ別強化コースのテーマを考えるにあたり、ぜひこの考え方を取り上げたい!
と思いましたし、きっと皆さんの仕事にすぐに使える考え方じゃないかな、と思いました。
ぜひ皆さんにもこの考え方を学び、実践していただきたいです。講座をご期待ください!

この講座について詳しく知りたい方はこちらからicon50
http://www.seminar-info.net/curriculum/thema/index.html#thema1

もうちょっと「ペルソナ」について詳しく知りたい方はこちら(講師、早嶋さんのブログ)icon50
http://blog.livedoor.jp/biznavi/archives/51021941.html

http://blog.livedoor.jp/biznavi/archives/51341966.html

今すぐ申し込みたい!!と思った方はこちらからicon50
http://www.seminar-info.net/apply/index.html


  


Posted by BPS事務局 at 19:22Comments(0)BPS講座

2008年04月02日

◆弱みを強みに変える ~小さな企業のブランド戦略

こんにちは。ビジネスプロフェッショナルスクール事務局の中です。

オフィスの前にある警固神社のさくらが今満開で本当にきれいです。icon48icon12
桜を見ていると春の訪れを感じますね。

さて、昨日は佐賀県武雄市の樋渡市長の講演会に行ってきましたicon63
武雄市といえば、もともと温泉などで知られていましたが、樋渡市長が就任されてからは
TV番組の「佐賀のがばいばあちゃん」のロケ地になったり、武雄のおばあちゃんたちの
ユニット「GABBA」を結成したり、レモングラスやいのししを特産品にするなど、地域の活性化にどんどん取組み、
その面白い仕掛けがどんどんマスコミなどで紹介されるようになり、いまや全国でも注目の自治体の一つになりました。

知名度がない中でも、周囲を巻き込みいろいろな仕掛けを作って、ブランドを作っていく・・・
武雄市が実践してきたことは、ブランド力のない中小企業にとっても大きなヒントになるのではと、
ぜひお話を聞きたいと思っていました。

講演会は、自治体の首長の講演、というよりも、会社の経営者、もしくは営業パーソンがプレゼンをしているような感じでした。
経験談や、考え方を語る中にも笑いが随所にちりばめられ、すごく面白かったです。
マーケティングやブランディングに役立つお話もいくつかありました。

・市場を見て、地元の強みを見て、商品開発をする (← まさにBPSで習う事業戦略の考え方、です)
・販売力、ブランド力のある強いところと組む、同時に地元の人たちを巻き込む (← 頂点と底辺を抑える、とのこと)
・いろいろなところと組む、たくさん仕掛ける (← 「戦略とはあらゆる可能性を考えること」と習ったっけ・・・)
・弱みを強みに変える (←知名度がないことを理解し、とにかく印象に残るような戦略を練る)
・もちろん品質管理をきちんとする (← 今の時代これは必須ですよね)


樋渡市長、発想ももちろんユニークですが、驚くのはそのスピードと実行力icon16
周囲を巻き込みながらも素早く実行する。すべてが成功するわけではないけれど、前に進み続ける。
中小企業の弱みを強みにかえるべく、常に考えながら、いろいろなことを仕掛けてみることが大事なんだな、と感じました。

今回は市長と一緒に職員の方が来られていましたが、彼らの表情もいきいきしていたのも印象的でした。
「つらいこともたくさんあるけど、笑いこそ持続力を作る」と市長の言葉。
仕事を楽しむ、楽しくする、ということも大事ですよね。

今回の講演、おおいに参考になりました。
樋渡市長のことを知りたい方は「「力強い」地方づくりのための、あえて「力弱い」戦略論」をぜひ読んでみてください。



自宅でオフィスでイーラーニング!4月4日までの限定配信中!  


Posted by BPS事務局 at 22:01Comments(2)ビジネスに役立つ